40歳。「みんみん」といいます。'05年3月手術(ステージⅢc)。'06年11月までに、計11クールの化学療法をしましたが、'07年3月再発。抗がん剤を変更して今も治療中です。


by miyukanaami

「読書感想文」の感想文(笑)。

夏休みも終わりに近づき、
子供たちの宿題もラストスパートに入っています。

(↑まだ終わってないのかよっ!!(;`O´)o )

昨日、長女の読書感想文を読んでいて、
  おぉ~!!(@_@;) 
と感じたところがあるので、聞いてください。
(↑おぉ~!じゃ、わからんやろう(苦笑))

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:

長女が読んだ本は「タイヨウのうた」という小説で、
今、テレビドラマでもやっていますが、
「XPという難病と闘う女の子のラブストーリー」です。

  防護服を着なければ、外に出られない、
  病気が進行して、車椅子でしか移動できない、
  それでも、「生きて、生きて、生きまくんるんだから!」
  という前向きな主人公。

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:


長女が感じたことは・・・、

  「私だったら、苦しくて生きているのが嫌になりそうです。
  でも、気にしていたらきりがないです。
  普通の生活でも、気にすることはたくさんあります。

  気にすることも、受け入れられたら、
  幸せになれるのかもしれないと思いました。


長女の文章を読んで、
「そーやんね!そーやんね!」と言っていました(^^ゞ。

  「辛い事を、受け入れるって、
  大事なことなんよね。

  お母さんなんか、
  今頃、気づいてるんやからね(^_^;)」って・・・。


私も、改めて「病気と向き合って、頑張ろう」って思えたと同時に、
娘も、これから先、辛い事や苦しいこともあるだろうけど、
この本を読んで感じた事を覚えててくれて、
受け入れ、乗り越えてくれるといいな、と思うのでした。。。

d0082222_8364147.jpg

[PR]
by miyukanaami | 2006-08-29 08:30 | 病気のこと