40歳。「みんみん」といいます。'05年3月手術(ステージⅢc)。'06年11月までに、計11クールの化学療法をしましたが、'07年3月再発。抗がん剤を変更して今も治療中です。


by miyukanaami

子供たちに病名のこと、告げました。

正確に言うと、「聞かれた」んです、昨夜(苦笑)。

発病して2年、
まだ、「がん」ということを、説明してなくて、
ずっと、「いつ言おう・・・」と、気にはなってたんです。

あとあと、「何で言うてくれへんかったん?うちら頼りにならんか?」
と思うんじゃないかな、という思いと、
多感な時期だけに、受け止めるのには重過ぎるのでは・・・という思いで、
ずっとずっと躊躇していました。

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*

昨夜、長女(中2)が、テレビを見ながら、
私の肩を揉んでくれていました。

長女  「お母さん、いつまで入院なん?」
私  「ん~、7月頃まではかかるかなぁ~」


長女 「お母さんって、がんなん?」(わりと普通に)

  (あ、言うときが来た。と思いました。)

私 「そう~。そんな感じ♪」

次女(小5) 「え?お母さん、死んでしまうん・・・?」(→真剣)  

私 「死なへんよ(笑)。ばあちゃんかって、5年前に手術して、今、元気やろ?^^」

   「がんはな、今、3人に1人はなるっていう、珍しくない病気なんよ」

などなど・・・少し、フォローを入れつつ・・・。

これをいい機会に、
いろいろ話しておきたいこともあったのですが、
テレビをみんなで見ていたせいもあって、
すぐに他の話に切り替わってしまいました(^^ゞ。

もう少し話しておきたかったことは、

  「お母さんも頑張ってるから、
  あなたたちも、毎日を大切に生きて欲しい」
  とかね・・・(^ ^;Δ。


それは、またおいおい。。。

それにしても、
ずっと長女は気になっていたのかもしれないです・・・。

その後の二人は、特に変わった様子もなく・・・、
心で泣いていた・・・?
それとも・・・、
「こんな元気なお母さんに限って、死ぬはずない」という感じかな・・・(苦笑)。

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

先日、テレビでちらっと見たのですが、
親御さんが「がんで、もう長くない」聞かされた人が、
「はっきり聞いてよかった」という話をされていました。
「精一杯のことを、してあげられた」と・・・。

(この方は、当時、高校生だったか、もう大きかったですけどね。)

この問題も、とてもデリケートではないかな、と思います。
患者さん本人の考え方もそれぞれ、
子供の年齢・性格もそれぞれですものね・・・。

余計な心配をかけたくない、という思いもあるでしょうし、
聞かされて、逃げ出したくなるほど、
落ち込むこともあるでしょう・・・。
子供が疑問に思ってなければ、
言う必要もない場合だってあるでしょうし・・・。

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*

病名を告げたこれからは、
子供たちの持って生まれた「強さというか力」を信じながら、
でも、世の中の情報で、
子供たちが、不安になることのないように、
できるだけ、明るく、楽しく、側にいたいと思います。


私の子供なんだ、
私が、しっかり・・・!!(^_-)☆

[PR]
by miyukanaami | 2007-04-25 09:30 | 病気のこと