40歳。「みんみん」といいます。'05年3月手術(ステージⅢc)。'06年11月までに、計11クールの化学療法をしましたが、'07年3月再発。抗がん剤を変更して今も治療中です。


by miyukanaami

今回の入院レポート。

◆4月29日(日) 夜、入院。

長女が、病院に行く前、
「一緒に、お風呂に入ろ♪」と言ってきた。
寂しいのかな・・・。

次女は、この日の昼から、
友達の家に泊まりで遊びに行っていた。
助かります(^_^;)。

夫に車で送ってもらう。
これをもう何度繰り返しているかな・・・。
いつも、いやな顔せず、文句ひとつ言わず、
送り迎えしてくれることに、感謝してます。

◆4月30日(月)  抗がん剤投与日。

薬は、以前と同じもの(タキソテール・カルボメルク)。
朝9時頃~夕方4時頃まで点滴。

◆5月1日(火) 投与から2日目。

朝一、吐き気止め錠剤、服用。
一日、だるだる・・・(>_<)。
食事が運ばれてきたら、においで「ウップ」。
(特に、白ごはんのにおい・・・)
あと、トイレ全体の、においが苦手・・・。

◆5月2日(水) 投与から3日目。

吐き気止め錠剤、服用。
そして、一日、だるだる・・・。

トイレ以外は起きない、起きる気がしない。
トイレも念のため、車椅子で移動。
(前に倒れたから・・・(-_-;) )

この日が、一番、弱気・・・。
心細さのせいからか・・・、
家族の健康を祈っていた。
(自分が一番、元気になれよって話ですが・・・(苦笑))

そんな中、友達から、郵便で、「手紙」と「お守り」が届く♪^^
元気にならなあかんっ、と思い直す。

◆5月3日(木) 祝日。投与から4日目。

同じく、吐き気止め錠剤、服用。
朝一、採血。→白血球減少のため、ノイトロジン注射。

昨夜、寝言を言っていたらしく・・・、
隣りのベッドのおばちゃんいわく、
「おまえ~!(;`O´)o 」と怒鳴っていたらしい・・・(怖)。

「みんみんさんが、お前、なんてそんな言葉遣いするなんて・・・」と、
びっくりしてましたが・・・、

何に対して、怒っていたのでしょう・・・(苦笑)。
私としたことが、そんな、はしたない言葉遣いを・・・(^ ^;Δ。
きっと、がん細胞に対しての怒りの言葉だったのでしょう(苦笑)。

それはそうと、
私 「(祝日やし)うちに帰りたい~」と、嘆願。
主治医 「明日も、ノイロジンの注射に来るなら」
私 「来ます、来ます!!」
ということで、外泊許可がおりる。

が、家に帰っても、
しんどくて、ずーーーーっと、横になっていた。

◆5月4日(金) 祝日。投与から5日目。

吐き気止め錠剤、服用。

11時に夫の運転で、病院に戻り、
ノイトロジンの注射を打って、また自宅に帰る。

だるい・・・。

◆5月5日(土) 祝日 投与から6日目。

ようやく回復してきた感じ(^o^)。
(でも、それと反対に白血球が、どんどん減少していってるんだなぁ・・・)

◆5月6日(日) 

気分がいい♪台所にも立てる。食欲も旺盛(笑)。

◆5月7日(月) 投与から一週間。

朝、簡単に掃除をして、
(しなくていいと言われてもねぇ~)
11時、自分で運転して病院に戻る。

すぐに採血→ノイトロジン注射。

看護師さんが、いろいろ励ましてくれる^^。
「とにかく、笑うことが、一番ですよ」と・・・。


車を、病院に一晩停めてると、お金がかかるので、
病室から抜け出し、
駐車場からいったん出して、また入庫。
(貧乏くさっ・・・・・・(→o←)ゞ)

◆5月8日(火) 

ノイトロジン注射。

主治医 「帰りたい?」
私 「はい!!帰りたいです・・・(ウルウル)」
主治医 「うーーーーーん・・・(悩)」

無理しないように、今週また採血に来るならということで、
めでたく、退院♪

  (入院費用、約12万円也・・・)

そんなわけで、昨日の家庭訪問にも、ぎり、間に合いました。

今日も、家でゆっくりしています。。。
明日は採血です。
[PR]
by miyukanaami | 2007-05-10 10:19 | 病気のこと